PRODUCT製品

KANMAKIの顔料箔とは?

KANMAKIの顔料箔のルーツ

KANMAKIの顔料箔のルーツは「金糸」です。
金糸の歴史を紐解くと、漆などで金箔を職人が和紙に貼り付け糸状するという技術革新の賜物でした。

創業者=久保竹夫は、金箔を手作業で“貼る”工程を、金属粉と顔料を混ぜたインクを“塗る”工程へと進化させ、真鍮粉を用いた日本初のブロッキングホイル(転写箔)を開発しました。この箔は、本の表紙への箔押しや大手繊維メーカーのテキスタイル生地へのロゴに利用され、日本の繊維業の隆盛と共に高度成長期に最盛期を迎えました。

印刷技術としての「箔押し」=熱転写(ホットスタンピング)

1970年代に熱と圧力によって箔押しを可能にする、熱転写(ホットスタンピング)技術が開発されました。その熱転写技術は、高度成長期の大量生産・大量消費の時代において、様々な分野で活用されていきます。例えば、JIS規格の導入により表示が義務付けられた食品包装への製造年月日等の印字にも利用される等、私たちの生活の中に深く浸透していくこととなりました。

熱転写の印刷手法

金属の熱版あるいは耐熱性シリコンラバー板を版下として、表面に「熱転写用顔料箔」を装着した被転写体(主にプラスチック)に、「加熱」と「加圧」を行い、装飾部分(色を表現する顔料や接着剤)をキャリアフィルムから剥離して被転写体に付着させて加工を行います。

KANMAKIの顔料箔とは?

1 キャリア(ベース)となるプラスチックフィルム(12μmから25μm厚の主にPETフィルム)に、キャリアから剥離させる為の「離型層」、色を表現する「顔料着色層」、被転写体に合わせた「接着層」を積層してコーティング(塗工)を行い仕上げます。 img 2 塗工液となるインクの構成は、色を表現する為の「顔料」、接着や表面強度等の機能を付与する「樹脂」、そしてそれらをバランスよく混ぜ合わせる為のアルコールやシンナー等の「有機溶剤(VOC)」。その3要素を「調合/調色」し、顔料箔専用のコーティング機械で、必要条件に合わせて1μm〜10μm程度の間で調整し塗工します。 img 3 塗工された塗膜を温風とヒーターで「乾燥」させます。この工程で、インクの構成の中で唯一液体の「有機溶剤(VOC)」を揮発除去し、キャリアフィルムに「顔料」と「樹脂」の固形物だけを残して、ロール状に巻き取って顔料箔を仕上げます。 img

受賞歴

2020年
中小企業庁「JAPANブランド育成支援事業(特別枠)」採択
京都商工会議所「知恵ビジネスプラン」認証
2019年
経済産業省「始動 Next Innovator」ピッチコンテスト最優秀賞 受賞
2018年
滋賀銀行「野の花賞」大賞 受賞
2016年
京都府「京都文化ベンチャーコンペティション」知事奨励賞 受賞

企業情報

社名
関西巻取箔工業株式会社(カンサイマキトリハクコウギョウ)
KANMAKI Co.,Ltd.
設立
1952年10月1日
本社所在地
〒601-1245 京都府京都市左京区大原戸寺町368番地
TEL: 075-744-2326 E-mail: info@kanmaki-foil.com
資本金
1,000万円
代表者
代表取締役C.E.O 久保 武久
取締役C.O.O   久保 昇平
事業内容
顔料箔製造・販売
プラスチックフィルム・紙等へのグラビアコーティング
上記に関連する雑貨や文具の企画、ワークショップ等の企画・運営
資格・認証
ISO9001:2015